乾燥肌化粧品口コミ

menu

乾燥肌にはもう悩まされないスキンケア化粧品の選び方

メルライン口コミ 経過を見ながら使用周期を変えないと効果なし?

ストレス性の大人ニキビなのか、ポツポツとあごや首にニキビができます。

今まではラインでニキビ用化粧品を揃えて使っていましたが、ニキビが減ることはないので、可もなく不可もなくという感じ……。

全部揃えると割と値段が高い商品なので、「このまま使い続けて効果あるのかな?」と少し悩んでいました。

ニキビができにくく、値段も続けやすい化粧品を探してみたところ、口コミで評判だったのが『メルライン』。

メルラインは「日本で1番売れているあごニキビケア薬用化粧品」ということで、2年連続モンドセレクション銀賞受賞の美白オールインワンゲルなんですって。

メルライン

注文後すぐに届いたメルラインは、箱も容器も白を基調としたシンプルな感じ。

特にメルラインの容器はアルファベットの文字と花のデザインだけで、裏面には「美白ゲルクリーム」と書いてあります。

見た目は普通のオールインワン化粧品なので、家族にも、ニキビ用化粧品だと気付かれないと思います。

メルラインは手のひらに収まる大きさの容器ですが、内容量は55gとたっぷりサイズ。

気になる首のニキビまでしっかりケアしたいから、顔と首まで惜しみなく使えるニキビケアは嬉しいです。

メルライン

メルラインは潤い重視のニキビケアだから、高濃度ヒアルロン酸・アセチル化ヒアルロン酸・加水分解ヒアルロン酸など、全部で10種類の保湿成分が入っています。

また、メルライン独自のビオカタライザープラセンタという成分と天然ビタミンEも入っているから、ターンオーバーを整えて、肌荒れを予防してくれるんですって。

肌の美白効果としては、消炎作用のあるビサボロールと、メラニン生成抑制効果のある加水分解コメヌカエキスなど、4種類の美白成分を配合。

気になるニキビ跡もケアしてくれる医薬部外品の美白オールインワンゲルなんです。

メルライン

早速、メルラインの箱を開けてみると、箱の蓋の部分にメルラインの使い方が書いてあります。

洗顔後にメルラインを肌に馴染ませればニキビケアが終わるので、今まで使っていたラインのニキビケア化粧品よりもお手軽だし、お財布にも優しい。

メルラインの使う量は、専用のベラで約2杯分。

首の部分にもぬりたいから、私は少し多めに使っています。

専用ベラが小さくて持ちにくい感じもするけれど、内蓋の上に専用ベラの置き場所があるから、うっかりで失くし物が多い私には有難いです。

メルライン

内蓋を開けると、白く半透明の柔らかめなゲルが入っています。

内蓋の裏にぷるぷるのオールインワンゲルがくっついてるので、裏返して置くのが大変なほど水分たっぷりなゲル。

顔につけてみると肌がヒンヤリして、しっかり潤うのにさっぱりとした付け心地。

赤ニキビが痛いときでも、肌を優しくクールダウンしてくれるようなオールインワンゲルです。

メルライン

メルラインは、合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベンを不使用。

ニキビで炎症を起こした肌に刺激がないよう、無添加にこだわった処方になっているんですって。

しかし、メルラインを開けると、甘くない爽やかな香りが微かに漂います。

この香りは万能薬アロマの「ティー・トリー」由来の匂いなので、香料が好きでない人も大丈夫と思います。

メルラインを肌につけて伸ばせば、ほとんど香りはなくなります。

メルライン

メルラインを使い始めて約1週間。

赤くなった大人ニキビの上に指でポンポンとメルラインを乗せると、保湿効果と消炎作用でニキビが悪化しません。

さすがに、1週間でニキビがキレイに一掃されました、ということは無いかな。

しかし、肌に刺激がないのに、しっかりと保湿力もあるから、いつもより早くニキビが治りそうな気がします。

メルライン1つで、化粧水・乳液・美容液・クリーム・下地の5つ効果があります。

洗顔後のお手入れがメルライン1つで完了してしまうのは本当にラク。

ただし、メルラインをぬった後の肌はベタつかないけれど、肌が十分に潤っているので、このままメイクしたら少しファンデの滑りが悪いかも。

メイクするときは、メルラインをつけてから少し時間を置いた方がファンデがしっかり乗って上手く仕上がります。

メルラインを使い始めてから、ニキビが悪化することも無く、徐々に目立たなくなってきているように感じます。

また、以前に比べると肌がふっくらとして潤っているのを実感。

最初は迷ったけれど、メルラインを試してみて良かったと思っています。

メルライン

メルラインの詳細情報はこちら ⇒

 

関連記事

最近の投稿