乾燥肌化粧品口コミ

menu

乾燥肌にはもう悩まされないスキンケア化粧品の選び方

デルメッド 口コミで評判の通販化粧品デルメッドトライアルの効果

ひどい乾燥肌に加えて、かゆみや湿疹のせいで顔が赤くヒリヒリと炎症を起こして、鏡を見るのが苦痛です。

もともとアレルギー体質のせいか、疲れがたまると肌のかゆみや湿疹が出やすいのが悩み。

しかも私はシミやそばかすができやすい肌なので、美白化粧品が欠かせないのに、今まで使っていたものは肌にしみてしまい使えなくなってしまいました。

化粧品会社で働いている友人に相談したところ、他社製品に乾燥肌にもやさしい美白化粧品があると「デルメッド」を教えてくれました。

乾燥肌対策と美白ケアできる点に惹かれましたが、肌に合うか分からないのでデルメッドトライアルセットを試してみることにします。

デルメッド

今回届いた内容は以下の通り。

・デルメッドトライアル一式
・デルメッドからの挨拶状
・デルメッドの商品ガイド
・デルメッド愛用者の声
・全成分一覧
・お手入れガイド
・2,160円OFFのクーポン
・お客様センター行の封筒
・支払伝票付の納品書

デルメッドトライアルセット専用の箱に全て入った状態で届きます。

私は会社に行っていましたが、小型の宅配ボックスにも収まるサイズだったので、問題なく受け取れました。

箱がビニールシートで覆われているので、傷や汚れも付かない状態で届きます。

デルメッド

デルメッドトライアルセットは化粧水・美容液・化粧下地のセットで、それぞれ10日間分が入っています。

・デルメッドプレミアムローション(化粧水)36ml
・デルメッドプレミアムエッセンス(乳液状美容液)20ml
・デルメッドプレミアムUVベイス(化粧下地)10ml

デルメッドは三省製薬という元々医療品を扱っていた会社が作っている化粧品。

成分開発から一貫して製造できるそうで、他の化粧会社にも成分を提供しているみたい。

成分から開発している化粧会社なら、効果が実感できるこだわりの成分が含まれていそうですね。

デルメッド

まずはじめに洗顔後に使うのは、化粧水のデルメッドプレミアムローション。

デルメッドプレミアムシリーズに含まれている成分で注目なのは、STミロバランという成分です。

STミロバランは初めて聞く成分だったので、どんな効果があるのか調べてみました。

STミロバランはセイタカミロバランという植物から抽出した成分で、肌の潤いをサポートしてくれるんですって。

STミロバランのサポートの仕方は、肌にあるヒアルロン酸を分解してしまう酵素の活性化を抑えること。

ヒアルロン酸は肌の保湿には欠かせない成分なので、ヒアルロン酸が壊されないように守ってくれるのは嬉しいですね。

ヒアルロン酸以外にも、STミロバランはコラーゲンの分解も抑えてくれるそう。

コラーゲンは肌の強さを維持する上でも大切な成分なので、肌がガサガサで弱っている私にはうれしいダブル効果です。

デルメッド

デルメッドプレミアムローションは、サラサラとした水のような化粧水。

10日間のトライアルセットでも、36mlとたっぷり入ったボトルが送られてきたので驚きました。

でも意外と量が多いのにも理由があって、2度づけがデルメッドのおすすめだからみたい。

1回目は、500円玉大のたっぷりの化粧水を顔全体にまんべんなくなじませます。

2回目は、100円玉大の化粧水を気になる部分に重ねつけして、3秒間やさしく両手でプレス。

私はマスクやティッシュで鼻をかんだ時にこすれて、カサカサになった口周りと鼻周りを2度づけしています。

カサカサになった肌に水のようなサラサラ化粧水が、グングン吸い込まれているのが分かります。

サラサラ化粧水だと肌なじみが悪いと感じる人もいるそうですが、それは肌の状態にもよるかも知れません。

私のように肌が乾燥してサカムケ状態だと染み込みが良いですが、肌がしっかりしている人ははじいている感じがするかも。

少し時間をかけて手でプレスすれば、大抵はしっかり肌になじむと思います。

容器の振り出し口が思ったよりも小さいので、500円玉サイズのローションを出すのに何回か容器を振らないといけません。

でも出過ぎて化粧水が余ってしまうのも勿体無いので、トライアルセットとしては問題ないかな。

デルメッド

化粧水のあとに使うのは、乳液状美容液のデルメッドプレミアムエッセンス。

デルメッドプレミアムシリーズでもう一つの注目成分は、ピュールブランWという成分です。

メラニン生成をさまざまな段階でブロックできるように、いろんな有効成分をミックスした成分なのだそう。

そばかすやシミは、まず紫外線により肌に異常が起こり、シミの元であるチロシナーゼが活性化することが一段階。

二段階目は、チロシナーゼより酸化した物質が黒褐色のメラニンとなり、肌の表面に表れる状態。

ピュールブランWは全ての工程をブロックする成分が含まれているんですって。

全ての工程でシミやそばかすができるのを食い止めてくれるなんて頼もしいですね。

また肌荒れなどで肌が乱れている状態は、紫外線に弱く、よりそばかすやシミができやすいのだとか。

肌がサカムケ状態で、美白化粧品が使えない状態だった私には、保湿だけでなく美白もできるデルメッドがぴったり。

デルメッド

デルメッドプレミアムエッセンスは、乳白色のとろみのある美容液です。

ボトルは押し出すタイプで容器がやわらかいので、細めの出し口から量が調整しやすいのがポイント。

1回の目安量は100円玉大なので、20mlのボトルでも10日しっかり持ちそうです。

でもよく伸びるテクスチャーだったので、私は1円玉サイズでもしっかり顔をカバーできました。

ただ100円玉大だと首やデコルテまで塗れてしっかりカバーできます。

美容液だったので、塗った後はベタつくのかなと思っていました。

でもハンドプレスでしっかり吸収させると、美容液がしっかり奥まで浸透するのかベタベタしません。

より早く浸透させたい場合はパッティングがおすすめですが、手でもコットンでも肌を擦らないように注意しないといけないですね。

デルメッド

最後は日中用化粧下地のデルメッドプレミアムUVベイス。

STミロバランとピュールブランWだけでなく、日焼け止めとしてSPF35+++の効果もあります。

実は日焼け止めのSPFと+++の意味が良く分からなかったので、この機会に調べてみました。

SPFは、紫外線をカットする時間を示していて、SPF35は20分×35=700分の約12時間ガードできるということ。

また+はガードの強さを表しますが、日常生活では+は2つで十分と言われていているので、+が3つのプレミアムUVベイスは日常使いでは十分な日焼け止めのようです。

デルメッド

デルメッドプレミアムUVベイスは、白色の柔らかめの化粧下地。

使用目安は、パール粒2つ分。

顔全体にムラなく塗るポイントは、UVベイスを額・鼻・両頬・あご・首筋に少量ずつおいて肌に馴染ませること。

パール粒2つ分で顔全体をカバーできるのか疑問でしたが、よく伸びるテクスチャーなので問題ありませんでした。

私は日焼け止め特有の匂いが苦手ですが、UVベイスはほとんど匂いが気になりません。

またつけ心地もサラッとしているので、塗ったすぐ後でも化粧がしやすいところが気に入りました。

デルメッド

デルメッドトライアルセットを10日間たっぷりと試しました。

肌が荒れた状態で使い始めましたが、肌トラブルはもちろん、ヒリヒリチクチクとした刺激も全くなし。

そして4日程経ったころから、肌の状態が変わってきました。

私が気になっていたサカムケ状態のカサカサ肌が、うるおいが保てるようになったからか、少し落ち着いてたんです。

前は夕方には乾燥で粉を吹いたような状態だった肌が、今は夕方でもしっとりしています。

もう一つ気になっていたそばかすは、10日間では分かりませんでした。

肌のターンオーバーは28日と言われているので、もう少し続けて様子を見ようかなと思います。

でも肌がしっとりして、肌が弱まっている状態でも美白ケアもできるデルメッドは私にとっては貴重な化粧品。

10日間で肌トラブルもないと分かったので、本商品を買ってみようと思います。

デルメッド

デルメッドの詳細情報はこちら ⇒

 

関連記事

最近の投稿