乾燥肌化粧品口コミ

menu

乾燥肌にはもう悩まされないスキンケア化粧品の選び方

ほっぺが赤い原因と治し方 赤ら顔を治したいならこの化粧水

高校生くらいの頃から、ほっぺが赤く、周りからよく「暑いの」と聞かれてしまいます。

ファンデーションを濃く塗ってみたり、コンシーラーを塗ってみたりしていますが、根本的な改善が出来ずに悩んでいました。

スッピンが綺麗な友人に相談すると、教えてくれたのが「白漢しろ彩」でした。

白漢しろ彩は、赤みの原因となる毛細血管に直接アプローチしてくれるお化粧水なんだそう。

お化粧水なら毎日使うものだし、続けられそう。

「赤みがどんどん減っていくお化粧水なんて使ってみたい。」と思い、1つ注文してみました。

白漢しろ彩

届いた白漢しろ彩は、白のシンプルな箱に入っています。

高級感は感じられないけど、清潔感があって個人的には好きです。

白漢しろ彩のに内容量は、100mlで、約1、2ヶ月使用出来るんだそう。

白漢しろ彩

ほっぺが赤い原因は、毛細血管が拡張してしまって、赤血球が透けて見えてしまっている状態なのだとか。

白漢しろ彩には、プランクトンエキスが配合されていて、毛細血管の広がりをキュット引き締めてくれるみたい。

他に、ショウガ根茎エキスや甘草などの和漢エキスが配合されています。

お肌表面の炎症などの赤みにも、血の巡りを促して、赤みの改善をしてくれるんですって。

お肌の内側と表面の赤みを改善してくれるから、使うほどに赤みが抑えられていくみたい。

ずっと悩んできた、ほっぺの赤みが少しでも良くなればいいな。

白漢しろ彩

白漢しろ彩を箱から出してみると、箱と同じデザインのボトルです。

容器はプラスチックだから、旅行などで持ち運ぶ際も軽くていいかも。

容器の大きさも手のひらサイズだから、ポーチにも入りそうです。

白漢しろ彩

白漢しろ彩を手に出してみると、少しトロッとしたお化粧水です。

すこし白濁していて、香りもほとんどありません。

和漢エキス配合だから、香りが苦手な香りかなと思っていたから一安心。

白漢しろ彩は、香料や着色、アルコールなど配合されていなく、無添加で安心して使えるみたい。

赤みを抑えると聞いて、強いお化粧水と思っていたから、安心して使えそうでよかったです。

白漢しろ彩

白漢しろ彩を伸ばしてみると、スーっと肌馴染みのいい軽いテクスチャーです。

サラッとしていて重たく感じないのがいいですね。

ピリピリ刺激を感じることもないから、赤みがあるところも安心して付けれます。

白漢しろ彩

馴染むのも早くて、想像してたよりも保湿力も高いみたい。

白漢しろ彩には、保湿力の高いセラミドやヒアルロン酸なども配合されているんですって。

白漢しろ彩は、保湿力も高いお化粧水だから、赤みと乾燥のケアがこれ1本で出来るみたい。

しかも白漢しろ彩は、お肌と同じ水と油の層で作られているんだそう。

だからお肌に付けると、お肌の奥まで美容成分を届けて、長時間乾燥しにくいんだとか。

白漢しろ彩

白漢しろ彩を3週間使用してみました。

使う前に比べて、かなりほっぺの赤みが引いてきてかも。

昔は赤いほっぺが気になって、病院でレーザー治療も考えたこともあるほどでした。

ずっと悩んでいたほっぺの赤みがだいぶよくなって、自分のお肌じゃないみたい。

今までは、赤みを隠そうとファンデーションを厚く塗ったりしていました。

白漢しろ彩を使い始めてからは、薄メイクでも赤みを気にしなくなりました。

しかも、赤みだけじゃなく、乾燥してたお肌も潤って、お肌の調子がいいんです。

これからは、スッピンでも綺麗になれるように、続けて使ってみようかな。

白漢しろ彩

白漢しろ彩の詳細情報はこちら ⇒

 

関連記事

最近の投稿