乾燥肌化粧品口コミ

menu

乾燥肌にはもう悩まされないスキンケア化粧品の選び方

レイチェルワイン 危険との口コミや効果なしという評判は全くの嘘!

現在、妊娠3ヵ月ですが、最近急に肌に赤みが出て、肌が荒れてしまっています。

まだ仕事は続けているので、化粧はしたいけれど肌への負担が心配。

ホルモンバランスの変化で肌が敏感になると聞いてはいましたが、赤くてザラついた肌が気になって仕方ありません。

先輩ママに相談したところ、「レイチェルワイン」というミネラルファンデーションをすすめられました。

レイチェルワインは東尾理子さんも愛用している国産のミネラルファンデーションなんだとか。

調べてみるとちょうどトライアルセットがあったので、ファンデーションの色を見るためにも注文してみました。

レイチェルワイン

レイチェルワインが入っている箱は、A4サイズのノート程の大きさで厚さは5cm程度です。

コンパクトな段ボール箱なので、小さめの宅配ボックスでも入るサイズ。

私も仕事で家を空けていたので、宅配ボックスで受け取れて便利でした。

宅配業者はヤマトだったので、特に箱が壊れているようなトラブルもありませんでした。

レイチェルワイン

箱を空けると間仕切りにきちんと納められた化粧品が出てきます。

しっかり固定されているので、デリケートな化粧品でも安心ですね。

今回届いた内容は以下の通りでした。

・ミネラルファンデーションお試しサイズ2色(各0.5g)

・アクセントフェースパウダーお試しサイズ(0.3g)

・本格ブラシ

・ミネラルメイクアップシリーズ(商品説明資料)

・ミネラルファンデーションの使い方

・定期コースのご案内

・愛用者の声

商品に関係のないチラシは入っていません。

全てがコンパクトにまとめられていて、好感が持てるシンプルさです。

レイチェルワイン

同梱されていた「ミネラルファンデーションのつけ方」が入っているので、粉のファンデーションが初めての私でも安心。

つけ方動画もYoutubeでアップされているので、分かりずらい場合は動画でチェックできます。

セットで入っているブラシも本格的なもので、毛先もとってもやわらか。

肌が敏感になっている私の肌でも毛先の刺激を感じません。

レイチェルワイン

レイチェルワインのパッケージは黒色に紫色で花柄が描かれたデザイン。

肌にやさしいオーガニック系のコスメだと、デザインにまでこだわったところが少ないイメージ。

でもレイチェルワインのアナスイっぽいデザインはかなり気に入りました。

会社で化粧直しをする時でも、友人の前で出しても恥ずかしくないデザインです。

トライアルセットは500円玉より一回り大きなサイズですが、本商品は手のひらサイズ。

ポーチに入れてもかさばらない大きさでいいですね。

レイチェルワイン

レイチェルワインは選べるカラーが12色もあります。

しかも日本人の肌に合うようなカラーに調合されているんですって。

海外のミネラルファンデーションでは、白すぎてしまったり、反対に色が濃かったりします。

レイチェルワインは、どれも肌に合いそうで反対に色を選ぶのに迷ってしまいました。

でもHPにカラーバリエーションの詳細が載っているので、それを参考にセレクト。

私は色白の方なので、イエロー系の明るめのシフォンとシャンパンを注文しました。

まずはよりシャンパンより自然な肌色のシフォンを試してみようと思います。

レイチェルワイン

シフォンは肌に馴染みやすいけれど、色白の私でも濃すぎない色。

首やデコルテの色からも浮かない色で安心しました。

小さなケースからどのようにブラシにつけるのかなと思いましたが、おまけのパウダーシャーレに出すみたい。

片方の頬を塗るのに、1円玉サイズくらいの量が目安。

カバーしたいところから順番にブラシでクルクルとパウダーをのせていきます。

パウダーがかなり細かいので、肌にしっかり密着するかんじ。

気になる毛穴もキレイに隠してくれます。

レイチェルワイン

シャンパンはカラーバリエーションの中で、一番明るい色。

明るい色でも、日本人の私にもしっかり馴染む色です。

レイチェルワインは日本人の肌に合うよう、15年以上の知識と経験をもとに開発された商品なのだとか。

なので、成分も色も日本人に合うようになっているんですね。

レイチェルワイン

シャンパンは実際に肌の色と比較してみると、なかなか明るい色でした。

肌全体に塗るというよりは、Tゾーンに塗るか目元に塗るのに合いそう。

私は涙袋も結構こだわっているので、目立ち過ぎないカラーはうれしいです。

白いパウダーだと目立ち過ぎて、ギャルっぽくなってしまいますが、シャンパンだと丁度いいかんじ。

Tゾーンに塗っても、自然に馴染んでいい立体感が出るので気に入りました。

レイチェルワイン

もう一つ入っていたのが、アクセントフェースパウダー。

こちらはラメ感のあるパウダーです。

化粧崩れしやすいTゾーンや顔全体に軽く広げるだけで、余分な皮脂を吸着してくれるんですって。

化粧直しをしなくても、サラサラな肌が続くそう。

レイチェルワイン

アクセントフェースパウダーは、サラサラした白いパウダー。

キメの細かいパウダーなので、顔全体につけてもギラギラすることはありません。

つけると顔全体がパッと明るくなる感じがします。

妊娠してから少し肌の色が少しくすんでいるように思えるので、全体的に明るくなるのはうれしいです。

レイチェルワイン

レイチェルワインをしっかり1週間楽しみました。

ブラシの方がパフでファンデーションをつけるより肌にかかる負担が少ないみたい。

しかも今までのファンデーションより軽くつくので、ファンデーションを塗っても肌が呼吸できてる感じ。

赤みや肌荒れが少しではありますが、改善してきた気がします。

化粧品で知らないうちに肌に負担をかけていたのですね。

レイチェルワインはやさしい成分なので、赤ちゃんが生まれてからも成分を気にせず使えるみたい。

赤ちゃんが生まれれば、顔が赤ちゃんの肌に当たってしまうことも多いと思うので、化粧の成分も心配でした。

でもレイチェルワインは、口コミや愛用者の方々を見ても、小さいお子さんがいる人が多いので私も安心です。

しかもブラシで手早くつけられるので、忙しいママにも人気なのだとか。

レイチェルワインで肌を立て直して、キレイなママになりたいと思います。

レイチェルワイン

レイチェルワインの詳細情報はこちら ⇒

 

関連記事

最近の投稿