乾燥肌化粧品口コミ

menu

乾燥肌にはもう悩まされないスキンケア化粧品の選び方

米肌 危険なんて嘘!お試しトライアルを実際に試しました

30歳を超えたあたりから、毛穴の開きや毛穴の黒ずみが気になるようになりました。

毛穴の開きは肌を保湿することで改善することもあるんだとか。

そこで、保湿力もあり毛穴対策もできるという「コーセー 米肌」のトライアルセットを試してみることにしました。

コーセー 米肌

米肌トライアルセットは14日間たっぷり使えます。

・肌潤石鹸

・肌潤化粧水

・肌潤クリーム

米肌に含まれるライスパワーNo.11は、科学の力では作れない米由来の成分なんだとか。

ライスパワーNo.11は、角質に水分を保つことができる力を改善できると認められた唯一の成分なんだそう。

肌がたっぷりと水分を含むと、きめが整い毛穴が目立たなくなるんだそうです。

14日後には毛穴が目立たなくなってるといいなぁと期待しながら使ってみました。

コーセー 米肌

肌潤石鹸は、毛穴の汚れや古い角質を洗い流してくれる石鹸です。

メイクしている場合は、きちんとクレンジングしてから肌潤石鹸を使ったほうがいいんだとか。

私も、クレンジングをした後に肌潤石鹸を使ってみました。

肌潤石鹸は、後から使用するスキンケア化粧品をなじみやすくするブースター機能もあるんだとか。

ライスパワーNo.11だけでなく、保湿効果のある大豆やビフィズス菌を発酵させて取り出した成分も多く含まれています。

コーセー 米肌

肌潤石鹸を使ってみて最初に驚いたのは、簡単に泡立たせることができること。

泡立てネットを使わなくても、みるみるうちにきめの細かいクリームのような泡が出来上がりました。

そして、肌潤石鹸を使ってみると泡の感触がとても気持ちがよくてうっとり。

洗い上がりは肌がとてもしっとりしていて、突っ張ることもありません。

肌潤石鹸で1回洗顔しただけでワントーン肌が明るくなったような気がして嬉しくなりました。

コーセー 米肌

洗顔のあとは、ライスパワーNo,11を高濃度で配合した米肌肌潤化粧水を使います。

ライスパワーNo.11は、お米を発酵して作る、肌を改善することのできる唯一の美容成分。

肌の保湿に重要なセラミドは、年齢とともに少なくなっていくんだそう。

ライスパワーNo.11を使っていると、少なくなっていくセラミドを自分で作り出す力ができるんだとか。

セラミドの量が増えると、水分を溜め込む力が強くなり、肌の透明感や毛穴が目立たなくなるといった効果があるんだそうです。

コーセー 米肌

米肌の肌潤化粧水はさらさらとした感触の化粧水。

手のひらに500円玉くらいの量を取り、肌に押し込むようにパッティングしながらなじませるのがポイントなんだそう。

気になるようなにおいもなく、肌にぐんぐん吸い込まれていくのがわかります。

乾燥肌の私はいつも化粧水は2度つけないと保湿した気がしないのですが、肌潤化粧水は1回肌になじませただけで手のひらが肌に吸い付くように。

使用後はべたつくこともなく、肌がしっとりと潤いました。

コーセー 米肌

肌潤化粧水のあとは、米肌肌潤クリームを使います。

ライスパワーNo.11の成分はもちろんのこと、エモリエントオイルがたっぷり配合されています。

もともと肌には肌を乾燥や刺激から守る力が備わっているんだそう。

ところが、年齢を重ねるごとに肌を守る力は少なくなっていくんだとか。

エモリエントオイルは皮膚からの水分蒸発を防ぐほか、潤いを保ち肌を柔らかくする働きのある成分。

積極的に肌に補う必要のある成分なんだそうです。

コーセー 米肌

米肌肌潤クリームは、こってりとした感触のクリームです。

パール1粒分の量を肌になじませて使います。

少量でよく伸びて、気になるにおいもありません。

肌潤クリームを使った後は、こってりしたクリームなのにべたつくこともありません。

肌がふっくらしている感じで嬉しくなりました。

コーセー 米肌

米肌の潤い体感セットを14日間分使い終わりました。

気になっていた肌の毛穴や黒ずみが改善されて目立たなくなってきたような気がします。

今までは夕方になるとだんだん肌が乾燥してきて、小じわやしわが目立ってしまうことも。

ところが朝のスキンケアだけで、家に帰るまで肌の乾燥を感じることがないんです。

乾燥肌が改善されたことで毛穴の開きも目立たなくなったのかもしれません。

米肌で十分保湿されて肌が柔らかくなったのためか、化粧ノリも良いので朝から気分よく過ごせるようになりました。

また、米肌を使い始めてからちょうど1週間たつ頃、同僚に「肌、きれいになったんじゃない?」と言われてとても嬉しかったです。

コーセー 米肌

コーセー 米肌の詳細情報はこちら ⇒

 

関連記事

最近の投稿