乾燥肌化粧品口コミ

menu

乾燥肌にはもう悩まされないスキンケア化粧品の選び方

味の素ジーノモニタートライアルセットを実際に試しました

20代の頃から乾燥肌が悩みでしたが、30歳を越えたあたりから、ますます肌の乾燥がひどくなりました。

夕方には乾燥で口周りのファンデーションも浮いてきてしまいます。

同じように乾燥肌で悩んでいた友人から教えてもらったのが、「味の素ジーノ」という化粧品。

確かに、友人の肌は乾燥肌で悩んでいたことがウソのようになめらかでつやつやしています。

ジーノにはコラーゲンの元となるアミノ酸が豊富に配合されているということで、お肌のハリにも良さそう。

私も早速ネットで「アミノ酸スキンケアお試しセット」を注文してみました。

味の素ジーノ

お試しセットの内容は次のような内容です。

・アミノウォッシングフォーム(洗顔料25g)
・アミノモイストローション(化粧水30ml)
・アミノモイストエッセンス(美容液15ml)
・アミノシューティカルクリーム(美容クリーム3g)
・おまけのポーチ
・あいさつ状
・お手入れ方法
・お得なお知らせ
・お客様の声
・ご注文ガイド
・お客様サポートセンター行き封筒

ジーノは食品メーカーの味の素が開発した化粧品。

商品開発の為に研究していた成分が、美容にも効果があることが分かり化粧品を開発したみたい。

成分ありきの化粧品だと、普通の化粧品より効果がありそうな気がしますね。

おまけでついていたポーチも旅行用にぴったり。

水に塗れても問題ない素材なので、お風呂場にも持って行けそうです。

味の素ジーノ

アミノウォッシングフォームは肌にやさしい洗顔料。

味の素が開発したアミノ酸系洗浄成分は、余分な汚れだけを落とし、肌のうるおいはしっかり守ってくれるのだとか。

角質細胞の間には、うるおいを保つために天然保湿因子がぎっしり満ちています。

ただ過度の洗顔などにより、角質細胞の間の天然保湿因子まで洗い流してしまい、乾燥肌を引き起こしてしまうんですって。

アミノ酸系洗浄成分は、優しい洗浄性を持つため、洗っても保湿因子まで洗い流されてしまうことはないのだそう。

知らないうちに肌の保湿因子まで洗い流していたなんてショック。

やさしい洗顔料で正しく洗えば、長年悩んでいた乾燥肌とおさらばできるかもと楽しみです。

味の素ジーノ

アミノウォッシングフォームはパール感のある白色の洗顔料。

チューブの3mm程の穴から3~4cm出した状態がおすすめの使用量。

少量のぬるま湯や水を加えるだけで、簡単にウォッシングフォームと混ざり合うので、とても洗顔が簡単です。

私はできるだけ肌を擦りたくないので、泡立てネットを使ってフワフワの泡をつくって洗顔。

4cmだと少ないかなと思っていましたが、アミノウォッシングフォームは少しの量でもモチモチフワフワ泡ができますよ。

そして肌につけても刺激を感じないので、小鼻やおでこなどしっかり洗いたいところは、少し時間を掛けて丁寧に洗います。

洗い上がりもピリピリやツッパリは感じず、お肌がしっとり状態。

味の素ジーノ

洗顔した後に使うのがアミノモイストローション。

実は肌にある天然保湿因子の半分以上はアミノ酸で出来ているのだとか。

アミノ酸研究100年の歴史のある味の素は、長年の研究で数百種類もあるアミノ酸の中から化粧品に適したアミノ酸を発見。

アミノ酸が天然保湿成分をサポートし、肌の水分、油分のバランスを保ってくれるのだそう。

私も憧れのもっちり肌になれるのかなとワクワクします。

味の素ジーノ

アミノモイストローションは、水のような透明でサラサラした化粧水。

500円玉大を手のひらに取り、顔全体に内側から外側になじませます。

顔全体になじませた後、手のひらで顔全体を包み込み、やさしくプッシング。

手のひらの温かさと相まって、ぎゅーっと水分が肌に吸い込まれていくかのよう。

香りはほのかにローズが香りますが、人工的な香料ではないのでやさしく香る程度。

私は強い香りが苦手なので、やさしい香りでホッとしました。

味の素ジーノ

化粧水の次は、美容液のアミノモイストエッセンス。

正常に保湿力がある整った肌は、バリア力が高くうるおいを逃がしません。

でもダメージを受けている肌は、肌の表面が荒れ、水分が外に出て行ってしまっている状態。

そこでアミノモイストエッセンスは、アミノセラミドバリアシステムという構造を採用したのだとか。

敏感になっている肌に対して、バリア機能を強化してくれるアミノ酸の「ロイシン」「イソロイシン」「プロリン」が水分が抜けた部分にしっかり浸透。

肌を刺激から守ってくれます。

乾燥肌は刺激に弱く、刺激を受けた部分がシミやしわに繋がるとも聞いたことがあります。

シミやしわがひどくなる前にしっかり対策したいものです。

味の素ジーノ

アミノモイストエッセンスは、白色のやわらかいテクスチャー。

香りはアミノモイストローションと同様にかすかなローズの香りです。

ノズル式なので、必要な量が効率よく出てきます。

1回の使用量は2~3プッシュ分。

注意が必要なのは、ノズルをきちんと下まで押すこと。

中途半端なプッシュだと十分な量が出てくれません。

手のひらに取ったアミノモイストエッセンスを、両手でギュッと包み込んで温めるのがポイント。

温めてから顔全体に広げると、じわーっと染み込んでいく気がします。

味の素ジーノ

最後はアミノシューティカルクリーム。

ジーノアミノ化粧品の中でも一押しの化粧品みたい。

一押しの理由は、乾燥やハリ、くすみやキメの粗さなどの様々な肌の悩みに対応できるアミノ酸を超高濃度で配合しているからなのだとか。

超高濃度と言われると、少量でもしっかり効いてくれる気がしますね。

そしてアミノ酸がこれほどまでにいろんな肌の悩みに対応できるのは驚きました。

味の素ジーノ

アミノシューティカルクリームは、3g入りの紫色でやや固めのクリーム。

初めてケースを見た時は、こんなに少なくて足りるのかなと疑問でした。

でも超高濃度だからこそ、少量でも十分効果が期待できるのですね。

紫色の正体は、フタバガキという植物。

フタバガキから抽出されたグアイアズレンという成分は、昔から胃腸薬や目薬などに使われていて、鎮静・消炎作用があるのだとか。

アミノシューティカルクリームの使用方法は、まずパール粒大手に取り、手で温めます。

額、鼻、あご、両頬の5ヶ所にクリームをおいて、顔の中心から外側へやさしく伸ばしていきます。

やや固めのテクスチャーなので、ちゃんと伸びるか不安でしたが、手の温め効果でしっかり顔全体に広がりました。

私は口周りと目元の乾燥が気になるので、重ね付けしています。

アミノシューティカルクリームは、朝も化粧下地の前につけることができます。

味の素ジーノ

10日間たっぷりとジーノお試しセットを楽しみました。

まだ化粧水は残っていますが、だいたい10日で使いきりました。

10日間で一番大きな変化を感じたのは、朝起きた時の肌の状態。

今までは夜充分に化粧水や美容液をつけても、朝起きると肌がカサカサしていました。

でも今は朝起きてすぐに肌に触れてみても、もっちりした肌のままでキープできています。

そしてさらに化粧もちも良くなりました。

肌がカサついて浮いていた口周りのファンデーションも、夕方までしっかりついたまま。

無理矢理する化粧直しで厚塗り感が出ることも無くなりました。

そのおかげもあってか、最近肌を褒められることが増えてとってもうれしいです。

これから乾燥がますます厳しい時期になっても、肌に自信を持って過ごせます。

味の素ジーノ

味の素ジーノの詳細情報はこちら ⇒

 

関連記事

最近の投稿